相談 Consultation

相談期間が終了しました

募集時の死に関する告知事項

相談者No.1273
記事が役に立ったらシェア!

所有する物件で入居者様が亡くなられました。

管理会社から去年の国交省の発表で、
特殊清掃が入らなければ
告知義務は発生しないということを聞いたのですが、

令和3年10月に発表された原文を読んだ限りでは
縊死であったので告知義務はあるのではと思います。

うつ病の末の自殺である場合など、病死という解釈を
するのかなとも思いました。

どちらにしても家賃減額をし借り手には事実を話しますが、
ネットで告知事項有と記載した途端、
必要以上に良くないことが増えないか心配です。

どちらにしろ表に出るのかもしれませんが、
告知事項の記載の義務がもしないのなら、
募集に応じた人のみに告知をする形を
とれないかなと考えました。

そもそも告知義務の有無はどうなのか、
またどのように募集をするのがベストだと思われるか、

経験者の方や法律の専門家の方のアドバイスを
受けられればと思います。

ちなみに、
管理会社からは
家賃3割減で告知事項有で
「通常通り」または「一部の不動産会社のみ」で
1日でも早く募集をすることを提案されております。

秋山直人

秋山直人 弁護士(第二東京弁護士会)・宅地建物取引士・その他

ベストアンサー

縊死であれば,自死ですので,告知義務はあると思います。

重要事項説明義務は,賃貸借契約締結前に説明すべき義務ですので,ネットの募集広告においては,必ずしも「告知事項あり」と記載する義務まではないように思います。

ただ,部屋探しをしている人の立場からすれば,告知事項があるなら早く教えて欲しいと思うはずであり,ネットの募集広告において告知事項の存在を書かず,引き合いがあった時に初めて告知するというのは,あまり印象は良くないと思います。

「告知事項あり」と広告に対して,募集賃料を減額して募集するのが良いと思います。
※この投稿は、2022年05月12日時点の回答になります。ご自身の責任で情報をご利用いただきますようお願い致します。
記事が役に立ったらシェア!

あなた疑問専門家お応えします