相談 Consultation

相談期間が終了しました

ペット可の借家での犬の飼育について

相談者No.1266
記事が役に立ったらシェア!

借主です。ペット可の借家に住んでおります。当初は不動産屋を通して契約していましたが、大家さんと不動産屋さんが揉めてしまい、大家さんとの直接契約に変更になり、初めての契約更新になりました。当初よりペット飼育規約はありましたが、今回の契約書より、いくつか追加変更がされているようです。その中で、ペットはケージ内に於いて飼育し、屋内外での放し飼いはしないとの規約がありましたが、これはケージ内に閉じ込めているのと同じであり、虐待しているのと同様ではないかと思い、守らなければならないものなのか…教えて下さい。

秋山直人

秋山直人 弁護士(第二東京弁護士会)・宅地建物取引士・その他

当初の契約が当然に大家さんとの間で承継されていると言えれば,厳しくなった契約書をわざわざ締結する必要はないということになります。

当初の契約書と提示されている契約書等を持参して,一度面談の上で弁護士に相談することをお勧めします。

厳しくなった契約書に署名捺印した場合には,その内容を守らなければならないということになります。

ですので,守れないと考えられる契約書には署名捺印するべきではありません。
※この投稿は、2022年05月02日時点の回答になります。ご自身の責任で情報をご利用いただきますようお願い致します。
記事が役に立ったらシェア!

あなた疑問専門家お応えします