相談 Consultation

相談期間が終了しました

接道部分が共有地の場合、再建築について

相談者No.327
記事が役に立ったらシェア!

購入を検討している戸建てAですが、公道との間に別敷地Bを挟んでいます。その別敷地Bが6人の共有地となっており、戸建てAの所有者も1/6の権利を所有しています。この場合、戸建てAは再建築は可能でしょうか?

秋山直人

秋山直人 弁護士(第二東京弁護士会)・宅地建物取引士・その他

再建築ができるかについては,必ず役所に出向いて確認するべきです。

※この投稿は、2021年08月11日時点の回答になります。ご自身の責任で情報をご利用いただきますようお願い致します。

相談者No.

327

個別性があって一概には言えないということですね。市役所に確認してみます。ご回答ありがとうございました。
秋山直人

秋山直人 弁護士(第二東京弁護士会)・宅地建物取引士・その他

ベストアンサー

別敷地Bの共有持分も一緒に取得すれば,普通に考えれば接道要件を満たしそうですが,おっしゃるとおり個別性が強いので,役所の建築確認の部署に実際に出向いて確認するのが確実ですし,その手間を惜しむと,意外な落とし穴があることもあります。

※この投稿は、2021年08月11日時点の回答になります。ご自身の責任で情報をご利用いただきますようお願い致します。

相談者No.

327

承知しました。購入判断の決定前に
市役所に出向いて確認してみます。
ありがとうございました。
記事が役に立ったらシェア!

無料eBookプレゼント!

失敗しない!物件を買う前に必ず知っておくべきこと

不動産投資をどうやって勉強していいか悩んでいませんか?
投資歴8年の不動産投資家が、初心者が物件を買う前に知っておかないといけないことを厳選して全61ページのeBookにまとめました!

DOJOに無料会員登録するだけでプレゼント!

不動産投資の悩みを無料相談!

近隣トラブル!
家賃滞納!
空室が埋まらない!

弁護士税理士投資家が無料で回答!
ぜひ無料登録してください!

あなた疑問専門家お応えします